NEWS

2018/04/27

音楽著作権プラットフォーム「Audiostock」運営のクレオフーガが東京都内にレコーディングスタジオをオープン


報道関係者各位
プレスリリース

2018年4月27日
株式会社クレオフーガ

音楽著作権プラットフォーム「Audiostock」運営のクレオフーガが東京都内にレコーディングスタジオをオープン

音楽著作権プラットフォーム「Audiostock(オーディオストック)」( https://audiostock.jp/ )を運営する株式会社クレオフーガ(岡山市北区、代表取締役:西尾周一郎 以下「当社」)は、Audiostockの登録クリエイターが音楽制作時の録音環境として利用できるレコーディングスタジオ『Audiostock studio』を4月26日(木)に当社東京オフィス内にオープンいたしました。

■登録クリエイターが録音環境として利用できるスタジオ
『Audiostock studio』とはAudiostockで活動するクリエイター向けのレコーディングスタジオで、登録クリエイターは音楽制作時の録音環境として利用することが可能です。また、登録クリエイターは当社がプロの演奏家を招き定期的に主催するレコーディング会への参加が可能となっており、4月26日の初回レコーディング会では、箏や尺八などの和楽器奏者を招き、クリエイターが制作した楽曲をもとに生演奏を録音しました。

さらに当社はAudiostockの活動で一定の条件を満たすクリエイターを対象に、スタジオの貸し出しを行う制度を開始する予定です。音楽制作ソフトや機材の普及により誰もが自宅で音楽制作をすることが出来る時代の中でも、個人が本格的な録音環境を整えることは未だ難しく、クリエイターに録音環境としてスタジオを活用していただくことを目的とした制度となっております。

なお、スタジオを活用して制作された楽曲はAudiostockにて販売される予定です。
クリエイターへの音楽制作環境の提供と同時に、音楽を必要とする映像制作会社・アプリ開発会社などの顧客に対し、高品質の音楽を提供してまいります。

■Audiostockについて
Audiostockは音楽の使用ライセンスを売買できるサービスです。クリエイターは自身で制作した音楽を登録して使用権を販売することができ、売上に応じた印税を受け取ることができます。顧客は購入手続きを行うだけで音楽の利用許諾を得ることができ、映像・ゲーム・アプリ等の商用コンテンツに音楽を組み込むことができます。
著作権及び著作隣接権を一括して利用許諾を得ることができるため、著作権管理団体等への申請も不要で、音楽利用に際して著作権処理に関わる手続きが簡単に行えることが特徴です。動画広告などの動画コンテンツが爆発的に増えている昨今の背景もあり、順調に事業を拡大しております。

【株式会社クレオフーガについて】
当社は「サウンドクリエイターの未来を創る」を理念として、約2万人が参加する音楽投稿サービス「クレオフーガ( https://creofuga.net/ )」やストックミュージックサービス「Audiostock」( https://audiostock.jp/ )の開発運営を行っております。音楽を通じて人々の人生を彩りより豊かに楽しいものにする。 音楽クリエイター・アーティストが活躍する場を創造し、音楽を創ることや演奏することがもっと楽しくなる世界を創ること。それがクレオフーガのビジョンです。

【株式会社クレオフーガ 会社概要】
社名:株式会社クレオフーガ
設立:2007年10月11日
代表者:代表取締役 西尾 周一郎
資本金:3億355万円(資本準備金含む)
主要株主:経営陣 ピクスタ株式会社 株式会社広島ベンチャーキャピタル 株式会社スペースシャワーネットワーク
本社:岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号 岡山大インキュベータ211号室
東京オフィス:東京都品川区西五反田7丁目11-1 第五花田ビル2F
社名の由来:ラテン語で”創造”という意味の「CREO」と「FUture Generation Arts=次世代の芸術」の頭文字をとった「FUGA」という言葉を合わせた造語で、”新しい時代の芸術を創造していく”という思いが込められています。

【報道・取材に関するお問い合わせ先】
株式会社クレオフーガへのお問い合わせは、下記のフォームよりお願いいたします。
お問い合わせはこちら
株式会社クレオフーガ 広報窓口:宮﨑